眠れない悩みは眠剤で解決

眠れない病気

眠れない悩みを抱えていませんか?

「寝不足みたいな状態がずっと続いている」
「眠れなくてイライラしてしまう」
「自宅にいても気持ちが落ち着かなくて結局眠れない」

このような悩みをずっと抱えている人は、不眠症になっているかもしれません。
睡眠は人間にとってとても大切です。
眠れない状態が続いている人は、お悩み宅急便で購入できる眠剤を飲んで不眠症の改善をしてみましょう!

眠剤とは?

眠剤は、睡眠薬とも呼ばれています。
主に、不眠症という睡眠障害の一種である病気を改善するために処方されている薬のことです。

不眠症は、眠る時間を確保しているにもかかわらず眠れない状態のこと。
無理に寝ようとしても、なかなか眠りにつけず結局朝まで起きたままという人もいるのです。
そのような不眠状態を抱えている人に役立つのが、眠剤です。
医療機関ではもちろんのこと、クリニックやお悩み宅急便のような個人輸入代行サイトでも購入できます。

サプリメントでは治せない不眠症

不眠症はサプリメントではなかなか改善できない睡眠の病気です。
そのため、「市販薬は効かなかった」という経験をしている人はすでに不眠症になっている可能性があります。
サプリメントにトライしてみても改善しなかったという方は、眠剤を飲んでみましょう。

眠剤が欲しいならお悩み宅急便

眠れない悩みを抱えている人には、お悩み宅急便で購入できる眠剤を紹介していきます。
個人輸入でゲットできる眠剤は、病院処方薬と同じ成分のものばかり。
海外製薬ではありますが、効果・効能は一緒なのです。
もちろん効き方には個人差がありますが、中には個人輸入薬で満足している人もいるようです。
ここでは、販売している薬と一緒にその薬の口コミもチェックしていきましょう。

ハイプナイト

ハイプナイトは、ルネスタジェネリックです。
ルネスタは日本の医療機関でも処方されている眠剤ですよね。不眠治療で使用する薬の中でも、ランキング上位になるほどのものなのです。

「ルネスタを処方されたことがある」
「寝付きの悪さに悩んでいる」

という人は、ルネスタジェネリックであるハイプナイトを使用してみましょう。

【ハイプナイトの口コミ】
入眠も問題がありましたが、最近は中途隠しに悩まされることは多くて、完全に寝不足です。
日中の作業が効率悪くなっているので、薬に頼ることにしました。海外製のおかげかすぐに眠れるので驚きました。朝起きた時のだるさもなくていい感じです。
https://240kanko.com/detail.php?pid=600

ソミナー

ソミナーは、単に眠れるだけでなくアレルギー症状の緩和にも役立ってくれる眠剤です。
その理由は、主成分であるドキシラミンが抗ヒスタミン薬でもあるから。
ドキシラミンンはアレルギー性鼻炎のようなアレルギー疾患の治療にも使用される成分です。
そのため、催眠効果のほかにもアレルギー症状を和らげてくれるのです。特に花粉症を抱えている人は、睡眠不足が続きそのまま不眠状態になることも。
そのような時に役立つのが、ソミナーなのです。

【ソミナーの口コミ】
不眠で眠りたいのに眠れないことが続いていて、気づいたら朝。出勤がつらい…。
そんなことが続いていましたが、ソミナーをのむようになってからは良く眠れるようになりました。
安いし鼻炎にも効くので、とてもありがたいです。
https://https://240kanko.com/detail.php?pid=764

ベルソムラ

お悩み宅急便では、眠剤の先発薬も販売しています。
「海外製のジェネリックなんて信用できない」と思っている人には、先発薬の眠剤であるベルソムラがオススメ。

従来の眠剤よりも優しい効き目を発揮してくれるベルソムラは、日本の病院でもよく処方されています。
薬への依存性や耐性が非常に低く、安全かつ長期で服用できるのが特徴的です。
即効性はありませんが、夜中に何度も起きてしまう方にピッタリの眠剤といえます。

【ベルソムラの口コミ】
ルネスタ系はすぐ寝られるけど、寝かされてる感が強くて苦手でした、
はじめてベルソムラを試してみましたが、即効性はないけど効きがマイルドというか自然な感じです。さすがに値段が高いのでリピートは迷いますが。
今飲んでる分で、睡眠が安定できればと思います。
https://https://240kanko.com/detail.php?pid=875

生活習慣も整えながら治療を始めよう

生活習慣を整える

不眠症を改善・治療したいのなら、薬を飲みながら生活習慣も整える必要があります。
「何を改善していけばいいのか分からない」と思っている人のために、ここでは不眠症の方にオススメの改善策をお伝えしていきます。
さっそくチェックしていきましょう。

【不眠症の生活習慣改善方法】
・無理に寝ようとしない
・朝はしっかり決まった時間に起きる
・「眠れる時間」を過剰に気にしない
・寝室の温度や湿度環境を見直す
・眠るときは部屋を暗くする
・床についてからはスマホはさわらない
・眠る前にゆっくりと時間をかけてストレッチしてみる



全部を一気に行うのは無理があるので、まずは自分ができることから始めてみましょう。